【貸農園★畝作り&苗植え付け】農業初心者の目指せスマート農家!初めは貸農園から作物栽培に挑戦!

【目指せスマート農業!〜農業初心者からスマート農家までの道のり】

《貸し農園☆〜初栽培編①》

最終目標はスマート農家!!
だけど農業の事は全く無知の初心者です。
農家になるには、各市町村の条件が色々ある為、すぐに農家にはなれない事も知りました。
まずは農業の事を知らないといけない!
という事で、貸し農園を使って実際に作物を育てる大変さを知ろうと思います(╹◡╹)

近くに貸し農園が2ヶ所あるので、それぞれ見学に行ってきました♪
貸し農園A
●年間料金24,000円
●面積30㎡
●機械類以外の道具は基本的に無料貸出。
●OBの方も2人在籍している為、育て方など色々教えてもらえる。

貸し農園B
●年間料金9,600円
●面積30㎡
●道具貸出無し
●指導者在籍無し
●基本的には周りの方に迷惑をかけないように自由に使って下さいといった感じ。

農園Aは農業初心者の私達にとって、OBの方がいるのは魅力的!
農園Bは年間料金が安く、実家から若干遠いけど歩けない距離ではなかったので魅力的!
どちらも捨てがたいので2ヶ所借りてみることにしました( ^ω^ )

農園Aは1区画を7月からの契約でスタート!
農園Bは2区画を6月からの契約でスタート!

少し日にちがあったので、家で野菜の育て方の順序を念入りに調べておいて。。

[作業1回目(貸農園B)]
まずは畝作りから始めます(゚∀゚)
作物によって、水はけの関係で畝の高さや幅を変えないといけないようなのですが、、、、野菜ごとに畝を作るのは大変。
何を植えるのかも、まだ決まっていない状態でした。
出来るだけ色んな種類を作って勉強したかったので、同じ畝の高さと幅でとりあえず育ててみることにしました(*´∀`*)

それにしても、手作業の畝作りはとても力仕事ε-(´∀`; )
ほとんど旦那がやってくれましたが、男性でもめちゃくちゃ疲れてしまう程大変です(´Д` )
畝作りと一緒に『すぐに植えれる石灰』というのを混ぜてみました(^^)


その後、雑草防止や地温を上げる為、すぐに黒マルチも使用してみます。

今日の作業はこれで終わり(*^^*)
石灰を撒いて、畝作りをして、黒マルチを敷きました。
この作業で約2時間程かかりました。

[作業2回目(貸農園B)]
早速苗を植える為、買い出しに行きます(°▽°)
だけど今は5月末。
夏の作物の苗は4月ごろに植えるのかな?
その為、店頭に売っているのは残り物って感じでしたが、何とか色々な種類のお野菜の苗を購入できました(^^)
今回はピーマン、キュウリ、長ナス、水ナス、モロヘイヤ、紫芋、スイカです♪
そして後から旦那もトマトとメロンの苗を購入してきてくれました(゚∀゚)
そしてそして、義母が花オクラの苗をもらってきてくれました(*^▽^*)
黒マルチを敷いているので、空き缶を使って穴を作り、そこに肥料も巻きながら苗を植えていきます(╹◡╹)
空き缶ではやりづらく、スコップもなかったので中々穴が作られず、12個の苗を植えるのに1時間程かかってしまいました(^^;)

苗を植えることばかり考えて肝心の道具は不揃い( ;∀;)
数日前に育て方を調べていたけど、調べた通りにもできていません(о´∀`о)
こんなんで本当に野菜ができるのか?
半信半疑、、、いや、正直に言うとちょっと自信はないです。笑
上手く育てられたとしても、美味しいと言えるのか・・・他にも不安は絶えませんが。。
半分、見様見真似でやっている部分もあるしな(^^;)
今の段階で失敗する事ばかり考えるのも問題だと思いますが(。-_-。)
失敗は成功の元!
失敗しないと知ることもできない事だってあると思うので、目標目指して前向きに頑張ります(*´꒳`*)

まだ目標に向かってスタートしたばかりですが、暖かく見守って頂けたら嬉しいですm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です